歯牙移植に対応した鳥取の歯科医院

失った歯の代わりに使用していない歯(親知らずなど)を移植させることを歯牙移植といいます。
ブリッジによる治療では失った歯の部分は状態によってうまく義歯がはまらないこともあり、噛む動作に不具合が生じることがあるかもしれません。
そのようなときに、有効に利用できる歯が残っている場合、歯のない部分に移植することで、義歯を安定させ、噛みやすさの改善につながる場合もあります。
移植は必ずしもうまくいくというわけでなく、術後に問題が起きる場合もあります。
自分の歯を極力残したいものです。
銀歯などのように金属アレルギーがでることもなく、ブリッジのように健康な歯に負担をかけることもないため、他の歯を傷つける必要がありません。
移植がうまくいかずに脱落してしまうことや、再移植を行って数年経過後に損傷した歯根膜から歯が溶けて虫歯になる可能性もあります。
また、損傷部分が骨と癒着する危険性があることをしっかりと頭に入れたうえで治療を受けるかどうかを決定しましょう。