鳥取の歯科医院で無痛治療

歯科治療に対する「痛み」、「不安」を感じさせないために様々な無痛治療があります。
「歯医者は痛いもの」、「歯医者は怖いもの」という先入観をお持ちの方は少なくないと思います。
無痛治療とは痛みを感じない、もしくは痛みの少ない治療法のことを言います。
一般に虫歯の無痛治療というと麻酔を連想しますが、ここ数年でレーザー光線や特殊な薬剤など近未来的な無痛治療法も復旧しています。
現在の虫歯治療は麻酔技術の発展もあり、昔に比べると治療の際に感じる痛みも大幅に軽減されています。
進行した虫歯や親知らずなどによるひどい腫れなど、治療部位に強い炎症がある場合は麻酔が効きづらくなるため痛みを感じてしまうこともあります。
また、顎の骨が硬く、しっかりしている方は麻酔が効きにくいという傾向があるようです。
これらの場合は通常の麻酔とは異なる特殊な麻酔(伝達麻酔、歯根膜麻酔など)の強力な麻酔が必要となります。
可能な限り「痛み」、「不安」を少なくする治療が今日では主流となっています。